FC2ブログ
<
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
--:--  |  スポンサー広告

2014.03.12 (Wed)

無垢な妻 12

夫以外の挿入感

「それで・・・」僕はカチカチに勃起した肉棒を妻のお尻に当てながら聞いていた。

「パパって、本当に妻の浮気を聞いて興奮するんだね」そうだ、その通りなんだ。

「そうしながら彼はわたしのスカートを捲くってきて・・・あそこを撫でられたの」
妻の一言一言を聞きながら僕は妄想の世界に入りこんだ。

「もう・・・それで立っていられなくなってベッドに倒れこんでしまったわ」
ラブホテルのベッドで男の首に腕を巻いて抱き合ってデイープキスする姿がたまらなく興奮する。

「そしてブラウスの上からおっぱいを揉まれて・・・」妻は思い出してきたのか身体を震わせた。

「それで・・・」心臓が早鐘のように打ち続ける。

「わたしの脚を撫でなからスカートの奥に手が入った瞬間に・・・」その男は脚フェチだろうか、妻のスラリとした脚は今でも綺麗で形良い。

「もう、どうなってもいい、早く欲しいと思ってたの」

「それで・・・」

「・・・それで自分からストッキングを脱いでシワになるんでブラウスとスカートも」詳しくていいぞ。

「自分で脱いだのか」ラブホテルのベッドの上で自ら脱ぐなんて・・・ううう・・・。

「ええ・・・彼もいつの間にか脱いでいてわたしのショーツを脱がしてくれたわ」

「そ、それから・・・」口が渇いて声を出すのがやっとのこと。

「彼がいきなり挿入ってきた瞬間・・・もう頭が真っ白になって無我夢中で彼にしがみついてしまったの」

すごい、すごい話だ。たまらないぞ・・・愛する可愛い我が妻が他の男に挿入されてしまったなんてこれほど興奮する世界はあるのか。

「ど、どうだった?」

「身体が蕩けるというか・・・何度も、何度もイッてしまっみたい、覚えていないのよ」

「そんなに気持ちよかったの?」少し、冷静になって細かく聞けるようになりました。

「ええ・・・パパとは全然違う感触が身体全体に広がって」

「彼も激しく何度も突いてくれて・・・恥ずかしいことも忘れるくらいに感じちゃって・・・」

妻にとって二人目の男の感想はとてもリアルでした。





僕の知らない妻を見たくて… 08


僕の知らない妻を見たくて… 08

僕の知らない妻を見たくて… 08

僕の知らない妻を見たくて… 08

僕の知らない妻を見たくて… 08


僕の知らない妻を見たくて… 08

「妻を抱いてくれないか。」寝取られ願望を持つ夫が、妻に男を仕向ける。旦那に大切にされずにいた妻は、知り合った間男と…。不倫観察ドキュメント第8弾。不倫セックスに堕ち、イキまくる巨乳妻。








web拍手 by FC2
スポンサーサイト
FC2動画 - http://video.fc2.com/
いつでも、どこでも、好きなだけ。お好みのエロ動画で。
あなたのペニスも世界一のフランスサイズに!実感率92%のペニス増大術!!
[ペニス増大]脅威のプラス8cmを記録!!★短小・カリ細・包茎全て解決★
FC2ライブ - http://live.fc2.com/adult/
エッチなライブチャットを楽しむならここ!♪

タグ : 不倫 性癖

22:02  |  無垢な妻   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2014.03.12 (Wed)

無垢な妻 11

ラブホテル

「話せば許すんだから思い出してごらんよ」妻の浮気話を聞きたがっている夫なのです。

「三度目のデートは、今日と同じで土曜日だったのよ、その日は10時頃に待ち合わせして・・・」

「僕がゴルフ行っているときだね」夫のいないときを見計らってデートなんてやってくれるじゃないか。

「ええ・・そうよ」悪びれた様子もなく話を続けました。

「○○市から海岸線へドライブしてたらシーフードレストランあったのでそこで食事したわ」

「どの辺りだろ?」知らない土地ではないので思い起こしました。

「わたしもよくわからない・・・食べたのも思い出せないほどなの」

「そして、食べ終わってから車で走ってたらね、ラブホテルの看板がいくつも
見えてきて・・・わたしドキドキしてきたの」

「彼は黙ってその看板のほうへ車を走らせて白い壁のホテルへ入ったわ」いよいよ確信部分に入ってきて僕は興奮していた。

「黙ってついていったの? 拒否しなかったの?」 男の背中に隠れるようにしてラブホテルに入る妻の姿が浮かぶ。

「うん、拒否するような気持はなかったわ、抱かれてもいいという覚悟みたいなのがあった」 そんなものなのか、人妻といえども単なる女、本人がその気になれば意外と簡単に陥ちてしまうか。

「でもさぁ、僕の知っている限りではママにそんな勇気があったなんて信じられないよ」

「でしょ、わたし自身もそう思ったくらいだもの」以心伝心、僕の心底に潜む願望が伝わっていたのかも。

「それで?」早く続きを聞きたかった。

「後は・・・そこで初めてしちゃったんだよ・・・」搾り出すようなか細い声でした。

「そこを詳しく聞きたい」初めての浮気はどうだったのか、全て聞きたくてたまりませんでした。

「お部屋に入った瞬間に・・・抱き合ってキスし合って・・・」部屋に入るなり抱きすくめられたままキスするシーンが浮かぶ。


ううう・・・たまらないぞ。

「キスか・・・」

「わたしって、キスが好きなの知ってるよね、最近パパとはしてなかったよ・・・」そういえばデイープキスなんてあまりしてなかった。

「彼とのキスは激しかったわ、もういっぱいし合ったの」妻は感度がいい、キスされただけできっと濡れただろう。

・・・やはり、そうだったのか・・・昔つきあっていた人妻が言ったことを思い出した。

「人妻ってね、キスを許すことは抱かれてもいいっていう証なのよ」

「あなたもいずれ結婚するんでしょうけど、もしも奥さんがわたしみたいに浮気しても許してあげてね」

妻もあの時の人妻と同じだったんだ。





彼氏と彼女のマンコ当てクイズ!Vol.2 後編

彼氏と彼女のマンコ当てクイズ!Vol.2 後編

彼氏と彼女のマンコ当てクイズ!Vol.2 後編

彼氏と彼女のマンコ当てクイズ!Vol.2 後編

彼氏と彼女のマンコ当てクイズ!Vol.2 後編

彼氏と彼女のマンコ当てクイズ!Vol.2 後編

彼氏と彼女のマンコ当てクイズ!Vol.2 後編

彼氏と彼女のマンコ当てクイズ!もう勝負も佳境に入って参りました!後半戦の第一種目は、舌で舐めなれた彼女のマンコの味を探し当てるマンコテイスティング、そして最後の種目は指を使ってヌレ具合、締まり具合をチェックする指マン勝負!彼女達、も~、カレじゃない人に弄くられて、いつもと違った刺激が気持ちいいんだろうけど、ヒントになっちゃうから喘ぎ声は出しちゃだめですって!果たして勝負の結果は?!そして敗者に待つ屈辱の罰ゲームは?!お見逃しなく!




うちの妻を犯して下さい 本城小百合

うちの妻を犯して下さい 本城小百合

うちの妻を犯して下さい 本城小百合

うちの妻を犯して下さい 本城小百合

うちの妻を犯して下さい 本城小百合

うちの妻を犯して下さい 本城小百合

うちの妻を犯して下さい 本城小百合



うちの妻を犯して下さい 本城小百合

寝取られ願望を持つ夫とその妻の愛の記録。超濃厚フェロモンで男達を魅了する伝説の女優「本城小百合」が夫の存在を忘れ一心不乱に腰を振る!!そんな淫乱妻の姿に大興奮間違いなし!!

web拍手 by FC2

タグ : 不倫 本性 制裁 告白

18:00  |  無垢な妻   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2014.03.12 (Wed)

無垢な妻 10

告 白

「今日は○○市のドライブインで待ち合わせしたの」湯上りの妻はクルリと背中を向けて喋り始めました。
目を閉じると僕も知っているドライブインが脳裏をかすめます。

「そこから、彼の車に乗ってドライブしたわ」妻の話を聞きながら湯上りの身体を後ろから抱き寄せて乳房を揉みました。

「今日が初めてじゃなかったんだろ?」冷静に初めから聞こうと努力しました。

「うん、もう何回も・・・」既に何度もしていたのか・・・何ということだ。

「いいよ、いいよ、今まで隠していたことは許すから全部、話してよ」

「ごめんね、言いにくかったの、本当にパパがわたしの浮気を許すなんて信じられなかったんですもの」

「それで・・・」僕の声は乾き震えていました。

「じゃ、始めから言うね」

「うん、聞きたい」

「初めて食事したときは本当に何もなかったよ、これは信じてね」

「そんな軽い女じゃないのはわかっている」

「その時にまた逢いたいと言われて・・・」

「ママはどうだったの?」

「うん、感じ良かったし・・・わたしもまた逢いたいと思ったわ」

「好きになったんだ?」魚心あれば水心か・・・

「・・・そうね、パパとは違うタイプだし少し惹かれちゃった」

「二度目はいつ逢ったの?」

「パパがゴルフへ行っているときにお昼でもどうですかってメールが入ってね」やはりそうだったんだ。

「行ったんだね」

「・・・少しくらいならいいかなと思って」

「そうしたら?」

「食事が終わってからあまり遠くは嫌だから○○市の公園までドライブしたの」

「ふうん、それで?」

「そこで・・・キスされちゃった」

「・・・」ズキン、ズキンと脳天に妻の声が響きました。

「でもね、キスされた瞬間にわたしはこの人にいつか抱かれると思ったの」

「そんなものなの?」

「そうよ、パパ一途だったでしょ、だから他の人にキスされただけで覚悟みたいな気持になってしまったのよ」

「それで・・・」妻はキス上手、キス好きな女なのです。



「そして・・・三度目に逢ったときに浮気しちゃいました」妻の口から浮気したという言葉・・・。

           ・
           ・
           ・

浮気したということは他人に抱かれたということだ。

あああ・・・たまらん。ううう・・・頭がおかしくなる・・・

愛妻のおまんこに他人の肉棒が挿入されたという衝撃的な事実に興奮する僕はいったい、どうなってしまうんだ。




「それって、いつ頃?・・・何処で?詳しく聞きたいよ」興奮する気持を抑えて問いました。 

「ええ・・最初から言うの?」

「そう、何もかも初めから話てほしい」妻のとった行動の全て知りたいのでした。



夫の目の前で妻が ~夫の部下は元恋人~

夫の目の前で妻が ~夫の部下は元恋人~

夫の目の前で妻が ~夫の部下は元恋人~

夫の目の前で妻が ~夫の部下は元恋人~

夫の目の前で妻が ~夫の部下は元恋人~


夫の目の前で妻が ~夫の部下は元恋人~

ある晩、夫が部下をつれて帰ってきた。まさか…夫の部下と紹介されたのは元彼氏。部下を自宅でもてなすが酒の進み過ぎで夫は酔いつぶれ、元彼氏と二人きりになる。旦那が超至近距離に居るにもかかわらず、昔を思い出し燃え上がる二人は淫らに激しくセックスしてしまう。あなたを近くで感じれば感じるほど興奮しちゃうの…あなた本当にごめんなさい…。仲良く暮らす平凡な夫婦に巻き起こる禁断の不倫ドラマ。




web拍手 by FC2

タグ : 不倫 告白 淫乱 本性

12:58  |  無垢な妻   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2014.03.12 (Wed)

無垢な妻 9

キスマーク?

土曜日の午前中に出かけた妻を見送ると僕はゴルフの打ちっぱなしへ出かけました。

昼間のうちはゴルフの練習で気を紛らわせてることが出来ましたが夜になると今頃、何をしているかという妄想が沸き起こり再び、強烈な刺激が僕を狂わせました。

昼間から出かけて10時過ぎても帰ってこない妻。今回が二度目じゃないな・・・きっと何度も逢っているに違いない。

といって寛大な態度を取っている手前、妻に携帯電話をかけることもできないでいるのが哀れ・・・。

「男の人ってこれが好きなんだから・・・」

「パパの味ってまずい」

フェラチオの時の言葉は思い出されるのです。

今頃、どこで抱かれているのか・・・目を閉じると美人妻がベッドの上で全裸になって男の肉棒を舐めている妄想がたまりません。

そして見知らぬ男の顔と重なり合ってキスしている姿・・・

いつもの妻のあえぐ姿・・・感じてくると自分から騎乗位になって腰をグラインドする卑猥な姿・・・

許そう・・妻は僕のスワッピングしたいという要求に応えるために男に抱かれておきたい心境なのかも知れない・・・自分が蒔いた種だから仕方ない、そう思い込むようにしました。


妻が帰ってきたのは夜も遅い11時過ぎでした。

帰ってくる気配を感じた僕は、前回同様に狸寝入りをしました。

妻は足音を立てないようにして寝室に入ってきました。

そして僕の寝顔を見ると安心したようで寝室にあるドレッサーの前で白のブラウスとクリーム色のフレアスカートを脱ぎ始めました。

スカートがふわりと床に落ちた、刺繍入りの薄い生地のキャミソールとブラジャーだけの後ろ姿が眩しい。

薄目を開けて下着姿の妻の後ろ姿を見ているとそれほど崩れていない真っ白なお尻が艶かしく写りました。

自分の妻ながら覗き見は興奮するものです。白いブラジャーから少し崩れたバストが眩しい。そのバストと太腿のつけ根に微かに赤いアザのような痕が?・・・。


・・・キスマークか?・・・やはり抱かれてきたんだ?・・・

そう思うとドキドキした気持を抑えきれないほど興奮してしまったのです。

僕は妻の着替えに気づいたふりをして起き上がりました。

「あら、起こしちゃった?ごめんね」いつもより声が震えているのです。

「ううん、大丈夫だよ」その声を聞き流して

「わたし、お風呂入ってくるわね」妻は着替えをタンスから出すと急いで階下へ降りていってしまいました。

・・・お風呂は入ってきたんじゃないのか?・・・ホテルのシャンプーの匂いを消すためか・・・

・・・でもあのピンク色のアザみたいのは・・・吸われた痕、キスマークじゃないか・・・

急いで妻のバックを開けて証拠らしいものはないか探ってみました。

携帯電話は男と思われる着信番号が午前中に一度だけあっただけ、後は財布やハンカチや化粧品、手帳やテッシュなどでこれといって抱かれてきた証拠などなかったのです。

心臓は早鐘をうちながらもバレないように元に戻すと間もなく湯上りの妻がバスタオルを身体に巻いて入ってきました。

してきちゃったの・・・

「今日はどこへデートしたの?」僕は平静さを保って聞きました。

「ドライブよ」小声です。

「ドライブと食事だけ?」僕も妻の声に合わせて小声で聞きました。

「・・・ええ、そうよ」

「本当か、それだけじゃないだろ?正直に言えよ、ママらしくない」

「・・・」ここで妻は黙り込みました。これは何かあったと直感しました。

     ・
     ・
     ・
     ・

「いいのかな」

「何が?」しばらく沈黙が続きました。

妻はベッドの脇にバスタオル一枚のまま立ったままでした。

「おいでよ」僕は妻の腕をベッドに引き寄せました。

その時、バスタオルが落ちて全裸の妻の身体、ふくよかな乳房、引き締まった腰、そして淡い陰毛が目の前にありました。

「あん、止めて・・恥ずかしいわ」

バスタオルを拾おうとしましたが僕はベッドの中に抱き寄せました。

「だめ、だめ、電気を消してよ」

全裸のまま僕の腕の中に抱き崩れてきました。

「何か、おかしいよな」もう口が渇いて喋れない状態でした。

「何が・・・」妻の声は震えてます。

乳房には微かなキスマークのような痕、そして陰毛の下にスラリと伸びている太股にも同じような痕が・・・

「これって、キスマークじゃないの?」僕はマジマジと見ました。
      ・
      ・
      ・ 
「だってぇ・・・」
      ・
      ・
      ・
      ・
「だって、なんだよ?」
      ・
      ・
      ・
      ・
「・・・して・・・きちゃったの」妻は恥ずかしさのあまりか、僕の胸に顔をうずめました。

      ・
      ・
      ・
・・・してきた?・・・やっぱりしてきたんだ・・・僕以外の男に妻のおまんこが挿入されてきたんだ・・・ああ、たまらない・・・

妻が浮気してきたんだ・・・現実に僕以外の男に抱かれてきたんだ・・・

本当か?・・・嘘だろ・・・ああああ・・・どうしようもないほどの興奮だ・・・
      ・
      ・
      ・
      ・

頭が真っ白になるということはこういうことか。

「なにを?」ハッキリした言葉が欲しかったのです。

「・・・エッチしてきちゃったの・・・」聞き取れないくらいのか細い声。
      ・
      ・
      ・
「・・・そうか」ドキドキして今にも心臓が飛び出しそうなほどでした。

「あたしのこと、嫌にならない?」妻はつぶやきました。

「な、ならないよ」そう答えるのがやっとのこと。

「ホント?」

「正直いうとすごく興奮している」本音でした。

「え、そうなの?どうして」

「なぜだか、わかんない、でもその証拠に、ほら、こんなに勃起しちゃってる」妻の手をパジャマの中へ誘いました。

「ほんとだわ」妻は軽く僕の怒りたった肉棒を優しく摩りました。

「だって・・・パパがこうなってもいいよって言うんだもの、本当にしちゃったんだよ」

「うん」それ以上は喋れませんでした。

「今日のこと、初めから聞きたい」正直な気持はすべてを告白してほしかったのです。

「ええ・・・言うの?」

「うん、どうしても聞きたい」

「わかったわ、恥ずかしいから電気を消してね」ベッドライトを消すと真っ暗になりました。

妄想が現実となった瞬間でした。




寝取られ人妻温泉旅館 ~犯され願望、濡れる美人妻~ 雪菜

寝取られ人妻温泉旅館 ~犯され願望、濡れる美人妻~ 雪菜

寝取られ人妻温泉旅館 ~犯され願望、濡れる美人妻~ 雪菜

寝取られ人妻温泉旅館 ~犯され願望、濡れる美人妻~ 雪菜

寝取られ人妻温泉旅館 ~犯され願望、濡れる美人妻~ 雪菜

寝取られ人妻温泉旅館 ~犯され願望、濡れる美人妻~ 雪菜

寝取られ人妻温泉旅館 ~犯され願望、濡れる美人妻~ 雪菜

寝取られ人妻温泉旅館 ~犯され願望、濡れる美人妻~ 雪菜

とある温泉旅館に訪れた平凡な若夫婦。叔父の経営する旅館で羽を伸ばすつもりだったが、すべて仕組まれたかのような罠が雪菜を襲う。レイプや寝静まる夫の隣での夜這いに逢うことにより、雪菜は今までにない快感に身を委ねていくのであった!

まず、ぬいぐるみ相手に小芝居するあっきーの愛らしさにヤられました。作品自体はデートモノとしてオーソドックスな作りだが、あっきーの魅力を引き出すという意味ではパーフェクトと言える。もちろんエロシーンも手抜かりナシ。野外フェラや船上ファックなど、開放感のある大胆なプレイが充実している。さらにラストのラブホでのネッチョリ具合いもヌケます。


web拍手 by FC2

タグ : 不倫 淫乱 性癖

06:56  |  無垢な妻   |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2014.03.12 (Wed)

無垢な妻 8

公認デート

昼は淑女のごとく、夜は娼婦のごとくが女の理想像です。妻にはそうなって欲しいと願うものでした。

一人の男しか知らないまま一生を終えることは昔は当然であったかも知れません。しかし今は女性も男性並に経験することが当たり前の時代になってます。

古風な考えの妻に浮気を薦めていた理由は僕以外の男性に抱かれたらどんなだろうかという妄想からスタートでした。究極の愛なのです。

しかし、心のどこかでは絶対に浮気などするはずはない、できるはずはないという概念がありました。

妻の漏らした疑惑の言葉でも日が経っていけば、あれは別に誰かと比較して喋ったことではなくたまたま、言葉のアヤみたいな感じで言っただけのことで僕が都合いいように解釈しただけではないかとも思うときもありました。

それゆえに、どうしても妻の口から事実を喋らせたい、白状させたい心境が高まっていきました。

妻に探りを入れてみました。

「スワッピングする気持になったかい?」イエスと言えば男に抱かれたことになるのです。

「また、そのこと?まだそんな気持にはなれないわ」妻をスワッピングする前に男に抱かれて慣れさせるつもりが相変わらず頑固に断り続けていました。

「だって、デートをしてきたらしてもいいという約束だったよ」

「う・・ん、もう少し待ってね、お願い」考えている様子でした。

浮気したのであれば、いつかは妻は自分から告白するはずだ。そう確信していました。

無理強いすると意固地になって黙るかも知れないので妻のペースに合わせることにしました。

「それより、また教材屋さんとデートしないの」

「行ってもいいの?、また食事に誘われてるの」おいおい、内緒で何度も逢っているんじゃないの?

「ママが行きたいならいいよ」妻を待っている時の強烈な妄想快感を味わえると思うのでした。

「でも誰に見られているかわからないから気をつけてな」

「うん、わかっている、変な噂なんかたてられたら嫌だから」確かに噂は怖い。

「あのぉ・・・本当のこと言うと今度の土曜日、誘われてたの」おいおい、僕がゴルフでいない日はいつも逢っていたんじゃないのか・・・そう声を出して言いたいくらいでした。

「子供たちはお義母さんにお願いして行ってくるね」心置きなく出かけられるように僕の許可を求めてきました。

いよいよ妻は二回目の公認デート(本当は何度もしている?)に行くことになりました。




他人棒に犯されて中出しされる愛する妻の姿が見たい!寝取られ願望のある旦那の希望に応え、不妊に悩む人妻をダマして危険日種付け生中出し!

他人棒に犯されて中出しされる愛する妻の姿が見たい!寝取られ願望のある旦那の希望に応え、不妊に悩む人妻をダマして危険日種付け生中出し!

他人棒に犯されて中出しされる愛する妻の姿が見たい!寝取られ願望のある旦那の希望に応え、不妊に悩む人妻をダマして危険日種付け生中出し!

他人棒に犯されて中出しされる愛する妻の姿が見たい!寝取られ願望のある旦那の希望に応え、不妊に悩む人妻をダマして危険日種付け生中出し!

他人棒に犯されて中出しされる愛する妻の姿が見たい!寝取られ願望のある旦那の希望に応え、不妊に悩む人妻をダマして危険日種付け生中出し!

他人棒に犯されて中出しされる愛する妻の姿が見たい!寝取られ願望のある旦那の希望に応え、不妊に悩む人妻をダマして危険日種付け生中出し!

他人棒に犯されて中出しされる愛する妻の姿が見たい!寝取られ願望のある旦那の希望に応え、不妊に悩む人妻をダマして危険日種付け生中出し!


他人棒に犯されて中出しされる愛する妻の姿が見たい!寝取られ願望のある旦那の希望に応え、不妊に悩む人妻をダマして危険日種付け生中出し!

妻を寝取られたい願望を持つ旦那とグルになり、不妊に悩む4人の奥様に不妊治療を口実に中出し交渉!目の前で夫に撮影される妻・大人のおもちゃでイかされる妻・デカチンで寝取られる妻・夫以外とSEX経験がないほぼ処女妻の激エロ寝取られ姿をとくとご覧あれ!






大切な妻をダマして寝取られAV隠し撮り、さらに「皆さんに見て欲しいから」完全顔出し内緒で公開! VOL.3

大切な妻をダマして寝取られAV隠し撮り、さらに「皆さんに見て欲しいから」完全顔出し内緒で公開! VOL.3

大切な妻をダマして寝取られAV隠し撮り、さらに「皆さんに見て欲しいから」完全顔出し内緒で公開! VOL.3

大切な妻をダマして寝取られAV隠し撮り、さらに「皆さんに見て欲しいから」完全顔出し内緒で公開! VOL.3

大切な妻をダマして寝取られAV隠し撮り、さらに「皆さんに見て欲しいから」完全顔出し内緒で公開! VOL.3

大切な妻をダマして寝取られAV隠し撮り、さらに「皆さんに見て欲しいから」完全顔出し内緒で公開! VOL.3

大切な妻をダマして寝取られAV隠し撮り、さらに「皆さんに見て欲しいから」完全顔出し内緒で公開! VOL.3

大切な妻をダマして寝取られAV隠し撮り、さらに「皆さんに見て欲しいから」完全顔出し内緒で公開! VOL.3



旦那から知り合いの画家のヌードデッサンモデルになって欲しいとお願いされ、不安になりながらも向かう妻。芸術の為と思いながらも自分の裸を見られる視線やポーズの指定などで触れる手に湿る股間。画家は表情作りのためとマ○コに手を伸ばし、やがて興奮してしまった2人はSEX。旦那がその事を知っているとも知らずにアトリエで密会を繰り返し…。


大切な妻をダマして寝取られAV隠し撮り、さらに「皆さんに見て欲しいから」完全顔出し内緒で公開! VOL.3


web拍手 by FC2

タグ : 淫乱 寝取らせ 性癖 無垢 愛妻

00:53  |  無垢な妻   |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。